あこがれのロンドン

Europe
2度目のロンドン。子供の頃最も行ってみたい国として認識してたのがイギリス。Beatlesの影響?その割に大人になって世界を旅するようになってもロンドンはたったの2回。でもその憧れの気持ちはしっかり胸に抱きながらの訪問となった。
1度目は、シルバーシーの地中海クルーズの帰りにちょっと立ち寄ってビッグベンと大英博物館へ行って急いで見て回り、フィッシュ&チップスを体験してせわしく立ち去った記憶がある。
今回はEDCストックホルムの前に訪問した。ヒースロー空港からはパディントン駅までエクスプレスを使用。券売機にファーストビジネスというボタンがあったのでPUSHしたら1人10ポンド余計にかかったもののとっても広々とした豪華な車両でわれわれ以外は誰一人乗ってない貸切状態!?日本の新幹線のグリーンよりはるかに快適な乗り心地、約20分間で到着。

そこからタクシーで薫さんお勧めのローズウッドホテルに宿泊した。初日着くなり増田君たちと合流しフレンチを食べにKoffmann’s at the Berkeley というハイソなお店 ナイトブリッジのWilton placeへ行った。店も料理も高級で味もバツグンだったが、こちらの高級な肉は歯応えがしっかりしてて、顎の運動になったという感じ。
2日目は、ガイドさんと車を雇って半日観光。あいにくの雨の中、タワーブリッジ、ビッグベンを観光したが、雨のためバッキンガム宮殿の衛兵の交代式は中心になり残念。途中、下車して由佳とLibertyというデパートに行った。なかなかの掘り出し物がセールしてていろいろShopping、半額の上に後でタックスリファウンドが15%ほど?返ってくる。かなりお得!!
タクシーでホテルに帰り買い物袋を起き、今度はoyster cardという地下鉄のプリベートカードをゲットし地下鉄でナショナルギャラリー、そしてトラファルガー広場を散策。ここぞ、アナザースカイ!という感じ。
そうしてると、急にお天気が青空に! この機会を逃さないように徒歩にてロンドンアイにいった。ちょうどUSJのエクスプレスのような横抜かしチケットを購入したおかげで待ち時間ゼロにて乗車、テムズ川のほとりの特等席にてビッグベンやロンドン塔を見下ろし、まさにおのぼりさん状態でロンドンを一望した。
そこから世界一有名な老舗のデパートHARRODSへ。ここは並んでる高級な商品以前に天井やエスカレーター周りの目を見張る豪華な装飾がスゴイ。家具売り場に至ってはもう宮殿なみ!?そしてHARRODSの最上階のティールームへアフタヌーンティーを楽しみに行ったのだが、周りのお客さんが英国貴族とアラブの富豪の奥様たちのアフタヌーンティーの中に僕たちが迷い込んだ感じ。でもロンドンに来られたら是非ここはオススメです!

夜は増田君たちやロンドン在住のクリストファーズさんやヨッちゃん夫妻と合流してROKAという高級日本食レストランに行った。コース料理で食べきれないほど高級和食が出てきて腹一杯になったのだが一人日本円で16000円!?ワインとかグラス程度でこの値段、やはり物価が高い。この次の週ユーロ離脱の国民投票で離脱派勝利のニュースが届き、ポンド安(1ポンド135円)になったのだが、この時点ではまだで1ポンド160円だった。
3日目は由佳と地下鉄でウロウロすることに。まずはセントポール大聖堂で降り、ミレニアムブリッジでテムズ川を渡ってちょうどお向かいのTate Modern へ行った。ロンドンのMOMAといった感じの現代アートを中心に展示されている美術館。入場料はなんと無料!! ここは元々は発電所だった建物で、天井がびっくりするほど高く独特の内装。そのだだっ広いエントランスを警備の警官が馬に乗ってウロついてるである。
あとは、スライドショーの動画をお楽しみください。2016/6
2016London
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました